ウォーターサーバーの違約金を計算

ウォーターサーバーの違約金は、1年契約なら5千円~1万円程度、2年契約なら1万円~2万円程度になっていることが多いです。

仮に、2年契約で1万円の違約金がかかるウォーターサーバーを契約したとします。



2年間使い続けることができれば、違約金はかからなくなります。



2年契約なので、2年ごとに更新がありますが、最初の2年さえ使い続ければ、後は自由に解約ができるようになります。

例えば、2年と3ヶ月のタイミングで解約をしたとしても、違約金はかかりません。
1年と11ヶ月目に解約をした場合には、1万円の違約金がかかってしまいます。月額のコストは3000円くらいとすると、3ヶ月分以上の違約金を支払うことになりますので、その場合には2年が経過するのを待ったほうが良いでしょう。

引っ越しなどのやむを得ない事情ならば仕方がありません。
1年と2ヶ月使用した段階で、ウォーターサーバーはもう必要ないと感じたとします。



別のもっと良いサービスを見つけたり、そもそも水道の水で十分だと感じるようになったり、理由は人それぞれとなるでしょう。

この場合には、その後10ヶ月間ウォーターサーバーを使い続けたケースと、違約金を支払って解約したケースとで比較してみましょう。月額コストが3000円として、10ヶ月間使い続けたら3万円となります。違約金は1万円なので、単純に考えれば解約をしたほうが得です。

後は、総合的なメリットで考えるようにしましょう。
月額2000円以上の価値はあると感じたなら、2年が経過するまで使い続けたほうが得でしょう。